バイトの労働条件

スポンサーサイト

椎名誠 「哀愁の町に霧が降るのだ」 の読書感想。

 椎名誠 「哀愁の町に霧が降るのだ」 新潮文庫いやあ、実にいい。椎名誠の自伝風青春文学三部作の第一部です。私は「新橋烏森口青春編」(第二部)から入ったので、それを読んだ後、本書を買っておいたんですが、上下二巻という重さから数年間放っておいたんです。椎名誠を一冊でも読んでいる人ならお解かりでしょうが、上下二冊だろうが三冊だろうが、その長さは全く恐るるにあらず。スーパーエッセイといわれる軽妙口語体で、...

椎名誠  『さらば国分寺書店のオババ』  の読書感想。

椎名誠  『さらば国分寺書店のオババ』  新潮文庫昔は嵐山光三郎、食なら東海林さだお、と云ったバカバカしいことを真面目に考察したり怒ったり。私だって似たようなものを書いてるんだが、こうやって文庫本で読んでみるとクダラナイ。前回、椎名氏の「新橋烏森口青春篇」を読んで、結構この人の小説って面白い、と思ったので、エッセイならさぞかし面白かろう。そう云えば、或るメルマガ発行人も今回の本は面白い、と推奨して...

椎名誠  『新橋烏森口青春篇』 の読書感想。

椎名誠  『新橋烏森口青春篇』  新潮文庫とあるオッサンが面白い、と書いていた作家が椎名誠。豪快なオヤジといったイメージだったし、なんだか自分に向いていないと思って敬遠していたのだが、自分の気に入っているメルマガで薦められていれば気になってしまう。そして今回ようやく椎名誠入門してみた訳です。  結論からしてみれば、予想外にオモシロイ。  この書は著者の新人サラリーマンとしての自伝的小説なんですが、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。