バイトの労働条件

スポンサーサイト

別冊宝島編集部編  『伝染る「怖い話」』  の読書感想。

別冊宝島編集部編  『伝染る「怖い話」』  宝島社文庫都市伝説やバラバラ事件といったノンフィクションな徹底解剖はいいが、くだらないお化け幽霊話までネタの振幅が幅広い編集本。四百ページに渡るボリゥムで、半分ほどは面白い。お化けや幽霊にも興味がある人は、読むに耐えられる一冊かな。別冊宝島編集部編の文庫は結構出ていて、このまえ「日本タブー事件史」を読み、大いに楽しめたので早速これを読んでみたが遺憾なぁ。...

別冊宝島編集部編  『日本タブー事件史』  の読書感想。

別冊宝島編集部編  『日本タブー事件史』  宝島社文庫私は基本的には、古本ばっかりである。ああも百五円で買いまくれると、六百円も七百円も文庫本に出すのがバカバカしくなってしまう。これじゃぁ出版界のために、ひいては文学のためには良く無いと、認識はしているんだが、私のような貧乏人くらい見逃してよ、と甘く考えてしまう。そんな私でも、たまには一般書店で新刊本を物色したりはする。最新は何が売れてるのかな、と...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。