バイトの労働条件

スポンサーサイト

安達正勝 「フランス反骨変人列伝」 の読書感想。

安達正勝 「フランス反骨変人列伝」 集英社新書これは面白い。安達正勝、この作家自体が良い。そう思った私は、早速、彼の著作収集に動き始めている。「死刑執行人サンソン」「ナポレオンを創った女たち」「フランス革命と四人の女」はすぐに見つかり購入済み。他には「物語フランス革命」「ジョゼフィーヌ」「マラーを殺した女」「暗殺の天使」「フランス革命」などがある模様。彼の著作から判るように、フランス革命を中心に研...

佐藤光浩 「復讐烈伝」 の読書感想。

佐藤光浩 「復讐烈伝」 アルファポリス文庫う~む、こういう本も出てきたか。最近富みに不条理な事件、殺戮事件が頻発してると思いませんか?車を暴走させて引き逃げるとか、たまたまその場にいただけで刺されたとか、まったく納得できない事件が、ほぼ毎日起こっています。かわいそうに、悲惨やなぁ。テレビで観る限りはそれですみますが、こうも多いんだから、明日は我が身。もし自分や、自分の大切な人達がそんな目にあったら...

柘植久慶 「東海・東南海・南海 三連動大地震」 の読書感想。

※2012年6月に書いた読書感想です。柘植久慶 「東海・東南海・南海 三連動大地震」 廣済堂ブルーブックスイフ戦記モノや軍事モノの著作が多い柘植さんだが、災害想定モノも、いくつか出しています。既読の「首都直下地震〈震度7〉」や「東京大津波 東海・東南海連鎖地震、ついに発生す! 」「東京大地震2023」などを出しています。こういった未来災害予想は、執筆年度が新しい方が最新データを基に書かれていますので、上記三冊...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。