バイトの労働条件

スポンサーサイト

鈴木伸元 「加害者家族」 の読書感想。

鈴木伸元 「加害者家族」 幻冬舎新書題名から想像できるとおりの内容。犯人の家族は、さぞかし肩身が狭い人生になるんだろうな、と想像するわけだが、これでもか・これでもかと延々と悲惨な人生のオンパレード。ワケあって罪を犯した犯人はもとより、別人格である妻や子供たちまで迫害の人生が待っている。さもありなんと考えるのか、酷すぎると思うのか。悪いことをしちゃいけないよ、された人の気持ちを考えてと言うよりも、悪...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。