バイトの労働条件

スポンサーサイト

藤沢周平 「獄医立花登手控え」全4巻 の読書感想。

藤沢周平 「獄医立花登手控え」全4巻 講談社文庫物語設定は江戸中期、蘭学が盛んになりだした頃。小伝馬町牢屋敷の獄医(牢医者)を叔父の代わりに務め始める青年が主人公。叔父は田舎で天才と謳われたが、今じゃ町医者の飲んだくれで、人使いの荒い妻と放埓な娘がいる。そんな町医者一家に居候してきた青年だが、ただ飯は喰わせないと、牢医者として泊り込みさせられたり、代診したり、庭掃除から薪割りまで大忙し。ブツブツ言...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。