バイトの労働条件

スポンサーサイト

中川右介 「カラヤン帝王の世紀」 の読書感想。

中川右介 「カラヤン帝王の世紀」 宝島新書クラシック指揮者、帝王カラヤン。20世紀のレコード&CD勃興とメディア戦略にうまく乗り、そのルックスと商才、そしてなんと言っても認めざるを得ない音響美。芸術とビジネスを見事にドッキングし過ぎたことが、彼の芸術的評価を屈折させているが、百年後、そこそこの評価を得られていると私は思う。ちなみに、現在残されている数多くのレコードやCD。古い演奏やアナログ録音だとど...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。