バイトの労働条件

スポンサーサイト

黒川博行 「絵が殺した」 の読書感想。

黒川博行 「絵が殺した」 創元社推理文庫祝!直木賞♪(※2014年に書いた話です。)ようやく受賞してくれました。応援してきた作家が評価されると、我がことのように誇らしいです。文春文庫の「文福茶釜」が気に入って黒川を読み進めている。本書は、創元推理文庫の第6巻。今回は京都が舞台で、日本画家が殺された。数年前、岸壁から落下して死んで行方不明になっていた日本画家が、なぜか竹藪から竹の子に押し出されて、白骨化死...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。