バイトの労働条件

スポンサーサイト

高島俊男 「お言葉ですが・・・4」 の読書感想。

高島俊男 「お言葉ですが・・・4」 文春文庫週刊文春にて、1998年8月から翌99年9月にかけて連載された。本の題名は「広辞苑の神話」ですが、「お言葉ですが・・・」シリーズ第4巻なので、上記のように記載しております。高島先生の舌鋒もだいぶ和らぎ、週刊誌の連載というものを判り始めています。押したり引いたり、連載初期のようにブッタ斬って押し倒して粉々にしようとばかりせず、のんびりした回も交えています。ただし、中...

司馬遼太郎 「燃えよ剣」(上下) の読書感想。

 司馬遼太郎 「燃えよ剣」(上下) 新潮文庫中学生の頃、柴錬の「御家人斬九郎」を読んで厨二病になった頃を思い出した。本書「燃えよ剣」は、まさに中学生の必読書で、子供の頃に、こういった本を読むと人生が変わると思う。柔軟な脳味噌を持つ中学生には、「竜馬がゆく」のような開国前進派からみた幕末維新史を読む方が尊ばれるが、敢えてその時代、時代の流れに逆行した男たちを読んでこそ、維新を考えさせる力がつくと感じ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。