バイトの労働条件

スポンサーサイト

南條範夫 「隠密くずれ 剣光一閃」 の読書感想。

南條範夫  「隠密くずれ 剣光一閃」  光文社文庫いよいよ登場です、南條範夫。私がもっとも敬愛してやまない作家です。ワタクシ、南條範夫を捜し求めて幾年月。今じゃすっかりコレクターです。新刊本は残念ながらほとんど出ないため、もっぱら古本屋&ブックオフ巡りです。どの店に入ってもまずは「な」行を探すクセになってます。バカみたいね。南條氏の作品は大きく3系統に分類できます。「残酷もの」「本格歴史もの」「チ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。