バイトの労働条件

柳内伸作  『世界リンチ残酷史』  の読書感想。

柳内伸作  『世界リンチ残酷史』

柳内伸作  『世界リンチ残酷史』  河出文庫

ショッキングな題名であるが、いたって真剣に書かれた奇書。
  
権力を持つ体制による制裁を「処刑」と呼び、
復讐とも仇討ちとも言い換えれる私的制裁を「リンチ」と呼ぶ。
私は忠臣蔵を始めとした時代小説による敵討ち・仇討ちモノを好んで読むのだが、
これは人間本来が持つ、いたって健全な自然発生心理の帰結だと思う。

近来の無差別博愛精神によって、罪なき幼い命をいたぶり殺しても
死刑にならない現代の構造の方が、よっぽどトチクルッテいる。
筆者はそう叫ぶ。
そして、私も逡巡しつつも、同感せざるを得ない。

考えてみるに、比叡山焼き討ちによって三千人の僧を焼き殺したり、
一揆勢を長島や石山ほか多数で惨殺した男が、革新的天才武将だなどと
尊敬さへされているのである。
三千人ですよ!
あははは、おかしな話よ。

ローマ皇帝しかり、中国の歴代皇帝しかり、英雄と並び称される多くの悪鬼が、
権力と体制によって施行した殺戮は「リンチ」とは言われない。

処刑は法のもとでなされ、リンチは私法の中で陰湿に行われるイメージがある。
しかし、そのどちらも行なった結末は似たり寄ったりであり、
片や厳粛に受け止められ、片や非難の的となる。

いろんな事を考えさせられる一冊である。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
柳内伸作河出文庫

Comments 0

Leave a reply