バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

殊能将之  『黒い仏』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
殊能将之  『黒い仏』

殊能将之  『黒い仏』  講談社文庫

ブック・カヴァー背面には、
  
「賛否両論、前代未聞、超絶技巧の問題作」
  
なんて書かれてますが、誇大広告とはまさにこの事。

そんなんずるいよ、といった妖魔術がトリックのネタで、
中盤まで熱心に読んだのがバカらしくなった。
著者の他の作品では「ハサミ男」「美濃牛」が売れているようですが、
買っとか無くて良かった♪、というのが真正直な感想。
  
仏教ミステリでして、仏教の深遠な神秘にご興味のある方は面白いのかも
しれませんが、無宗教無教養な私には関心も理解も出来ない世界。
そんな黒い仏に力があるのなら、現世の苦境を救ってみせてよ。

それを言っちゃぁ、宗教そのものの存在が揺らぐんでしょうが。
信じるものしか救わない、とは何て心の狭い了見でしょう。
ほんとの神様だったら、信じてくれようが毒づいていようが均等に御利益を
施(ほどこ)す度量を見せて欲しいものです。
無償の愛ってヤツを。
  
まぁそういうことで、全然お薦めできない一冊でした。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply