バイトの労働条件

宮部みゆき  『蒲生邸事件』  の読書感想。

宮部みゆき  『蒲生邸事件』

宮部みゆき  『蒲生邸事件』  文春文庫

678ページに及ぶ長編パラレルワールド・ミステリー。
日本SF大賞受賞。

私の宮部読書は8冊目となるんですが、相当苦痛な一冊だった。
まず、長い。
内容的にも半分に集約できそうなシロモノ。
そしてミステリとしては致命的な、ハラハラ・ドキドキ感が微量。

前半の浪人生が火事に合って時空を飛んで、二・二六事件真っ只中の蒲生邸で
アタフタするあたりまでは読ませるんだが、蒲生大将が自決して探偵まがいの
行動するあたりが絵空事で、かったるいし長い永い。

事件も解決して現代に帰るまで約五百頁、やっと終わりそうだと疲れたのが正直な感想。
しかし、一味、宮部女史が才媛たる所以は、現代に帰ってからのエピローグ。
ここはホロリとさせられます。
それだけに、中盤の蒲生邸での経緯をスピーディに颯爽と書いてくれていたら
かなりの名作になってたろうにと残念。
(とは云っても、日本SF大賞受賞作品なんですけどね)

宮部みゆきをこれから読もうと思っている人は、避けて下さい。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト
宮部みゆき事件文春文庫

Comments 0

Leave a reply