バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

大崎善生  『パイロットフィッシュ』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
大崎善生  『パイロットフィッシュ』

大崎善生  『パイロットフィッシュ』  角川文庫

2001年に単行本化された、純文学な恋愛小説。

いつもいつも時代の流れに逆らったような読書をしてるんで、
たまにはハヤリの本も読んでみようと採り上げた。
どういうのが吉川英治文学新人賞になるのかも興味あったし。

感想としては、まぁまぁかな。
こういったものの粗筋を書くと、実につまんなく映ってしまうのだが、
中年の雑誌編集者の大学時代の恋人と再会する経緯が話の中心。

パイロットフィッシュとは熱帯魚の名前なのだが、
著者が好きなようで、熱帯魚の薀蓄が散りばめられている。
いやなパターンだ。

ふぅん、といった風にサクサク読めて、そうなのかぁ、
と思って終わりだった。
文は洗練されて上手いけど、どうなのかなぁ。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply