バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

隆慶一郎  『花と火の帝』(上下)  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
隆慶一郎  『花と火の帝』(上下)

隆慶一郎  『花と火の帝』(上下)  講談社文庫

以前、「捨て童子・松平忠輝」を読んだんだが、中巻ぐらいから読むのが
つらくなった。
性に合わないのだ。

主人公松平忠輝(家康第六男)は天才、天賦の力と努力によって
スーパーマンのように成長してゆく。
それでいて日本を内乱にしないため兄(徳川秀忠)との葛藤を我慢して、
飄々と流刑されてゆく。

  そんな馬鹿な!
  
本当に力があるのなら、兄を倒し将軍になれば良かったじゃないか。
本当に優れていたなら、忠輝が将軍になって善政を敷いたほうが
良かったじゃないか。
  
そして今回の「花と火の帝」。
後水尾天皇とその従者岩介を中心に、徳川幕府との表裏の闘いを描く。
徳川草創期の朝廷側を見据えた構図には面白みを感じたが、
どうにも馬鹿馬鹿しい話の連続でうんざりした。

念波・念力・テレポーション。
あんたらは超能力者かい。
そう、そうなんです、影を飛び回る岩介たちは超能力者。
こういった話は全然ついていけない。
  
本書は隆氏絶筆の最後の作品なのだし、氏の最後の振り絞るような力が
込められているのも感じるのだが、そういった本を批判するのも心無いこと
だと思うのだが、詰まらない本だったと、あえて言いたい。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply