バイトの労働条件

岩井志麻子  『ぼっけえ、きょうてい』  の読書感想。

岩井志麻子  『ぼっけえ、きょうてい』

岩井志麻子  『ぼっけえ、きょうてい』  角川ホラー文庫

ショッキングな表紙に惹かれて購入。
甲斐庄楠音の「横櫛」という日本画なのだが、
日本髪の青白い顔の女が怖い。

本書は表題作が四十ページ余りと意外に短いが、
岡山弁で語られる話が予想外に怖い。
最初は読みづらいのだが、数ページも読めば読みづらさより
面白さが打ち勝つ。

他にも五十ページ前後の恐怖短編集なのだが、どれも怖いけど面白い。
読後早速、著者の別の一冊を買ったほど。
私はその作家が気に入れば即座に他の作品を買っておく。
だから買わなかったら、それまでになってしまうことが多い。

表題作以外だって面白いよ。
「密告函」は、コレラ患者を根絶やしにするために村役場に据えられた
投函箱。
主人公がこの函の投書をもとに、村を臨検するのだが...。

岡山の海村のドロドロした雰囲気が良く出てる「あまぞわい」。

どうなるんだろう、どうなるの?
と最後が気になってしょうがなかった「依って件の如し」。

日本ホラー小説大賞だけでなく、山本周五郎賞まで受賞した本格怪奇小説。

(久々に誉めた)


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
岩井志麻子角川ホラー文庫

Comments 0

Leave a reply