バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

サガン  『ブラームスはお好き』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
サガン  『ブラームスはお好き』

サガン  『ブラームスはお好き』  新潮文庫

クラシックが好きな人はおろか、ブラームスが好きな人でも、
この本を読んだ事がある人は意外にいまい。

かくいう私もブラームスは聴くんですが読んだ事はなかった。
なんとなくブラームスとは関係ない内容のような予感はしていたが、
思い切って読んでみるか!と読み始めた。
百七十余ページという短さも魅力。
  
さて、まずブラームスについてですが、これはほんのツマミとしてしか出てきません。
もう少しブラームスについて薀蓄を垂れるとか、ひょってして本物のブラームスが
チョイ役で出てきても面白そうだのに、当然本物が出る訳も無し。
  
だってフランス・パリ文学だもんね。
ブラームスがチョイ役で出てきたら笑えたろうに。
  
途中、若きイケメン・ボーイがブラームスのコンサートにヒロインを誘うのだけれど、
この時のブラームスの曲がなんだったか考えるのは楽しい。
(映画「さよならをもう一度」では、第三交響曲が使われているそうです)

流れ的にはヴァイオリン・コンチェルトと思うのだが、
これがピアノ・コンチェルトの、しかも第1番だったら、
さぞかし二人の恋は上手く行っただろうにと思う。

それだけ若者の求愛は第一Pコンのようで、
第1楽章後半の繊細な美しさに似通っている。
この辺を聴きながら、このシーンを読むと素晴らしい相乗効果が得られますよ!

内容はと云うと、39歳のバツいち美女が、年上の愛人と激しい求愛攻撃の末
彼女を射止めたかに思わす25歳のイケメン・ボーイの間で揺り動く女心。
それでいて安直な昼メロに陥らず、パリを舞台にしっとりと描かれてゆきます。

ラストは意外で、そんなことになるんだったら!と思わないでも無いですが、
そういうもんだよね、とも思わせる人生のほろ苦さが旨く滲み出ています。
これが小説第4作目とは、さすがはサガンです。

訳は六十年代と古いですが、一ページ一ページを大切に味わえる佳い小説です。
映画化もされているそうで(イングリッド・バーグマン主演)、こちらも
観てみたいものです。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply