バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

京極夏彦  『嗤う伊右衛門』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
京極夏彦  『嗤う伊右衛門』

京極夏彦  『嗤う伊右衛門』  角川文庫

唐沢寿明と小雪の共演で随分話題になりましたよね?
え、そうじゃない?
京極夏彦自体が有名だって?

ワタクシ初めての京極読本なんですが、多分もう読まんと思う。
これだけベストセラーになっただけあって、そこそこ読ませはするんだが、
傑作とは程遠いんじゃ無いでしょうか。
この本が無名だったら、無名ってのは残念だなと思うかもしれないけど、
それほど話題になるほどでも無いんじゃ無いかな。

かの有名な四谷怪談を新たな解釈で斬新に描いた作品、ってな
触れ込みのようだが、これじゃぁ男も女も何が楽しいんだか良く解らない。
伊右衛門とお岩さんが本心は好きあってたとしても、
あれほど捻(ひね)くれて擦れ違うものかなぁ。
歌舞伎の東海道四谷怪談の方が、
よほど納得のいく荒筋だと思うんですけど。
私だけ?

京極氏は大沢氏と宮部女史と組んで、ひとつのオフィス(大極宮)を
やっているのでも有名。
宮部ファンの縁で、京極作品も読んでみるか、と手に取ったんですが、
これじゃぁ大沢作品も二の舞かなぁ。

全然面白くなかったって程でも無いけど、
別に読まなくっても少しも人生損しない作品だよ。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし共感したら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply