バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

今尾哲也  『歌舞伎の歴史』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
今尾哲也  『歌舞伎の歴史』

今尾哲也  『歌舞伎の歴史』  岩波新書


歴史小説や時代劇が好きな人によくあるように、私も歌舞伎が好きです。
この歳で歌舞伎とは、随分爺臭い趣味なんですが、
一種の日本的オペラとして楽しんでいます。
歌舞伎って予想外に音楽(三味線やバチ・太鼓)が格好いいんですよ。

好きだと云っても好きになったのはここ何年かの事で、
基本が全然判っていないので、とりあえず買ってみたのが本書。
あんまり面白い本ではなかったが、歌舞伎に対する筆者の愛情と熱意は
伝わってきた。
それと歌舞伎の歴史がなんとなく判ったのは、当たり前の話か。

しかし、どうにも好きになれないのは歌舞伎役者の血統。
親の七光りとはこの事で、あれほど洒落で済まされない不祥事を繰り返しても
着実にステップアップする御曹司たち。

隠し子だとか不倫・交通事故・喧嘩は当たり前。
それもこれも「あたしも若い頃は随分無茶ぁしましてね」
なんて自慢話になってゆくのだろう。
無茶された人は、堪ったものじゃないんですけど。

本当のカブキとは、親のスネかじらずに独立独歩で闘えって云いてぇんだ。
だから私は、自力で入門して役者になってる人を応援したいと思う。



FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply