バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

角田光代  『これからはあるくのだ』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
角田光代  『これからはあるくのだ』

角田光代  『これからはあるくのだ』  文春文庫


深夜TVの爆笑問題の司会で、角田光代がゲスト出演していた。
海外旅行によく行くとか、人を観察することが多いとか、
そういった話だったと思う。(※2005年11月に書いたモノです)

美人じゃないけどかわいらしい女性だった。
だけど、なんかひと皮剥ければ別の顔が飛び出てきそうな、
奥深さがある人に感じた。
まだTV出演には慣れて無いからだろう。
毎日のようにコメンテイターとして出てれば、クセのあるキャラになりそうだ。
  
最近、トミに書店でよく見かけるのは、直木賞を取ったからだろうが、
信頼している書評メルマガでも「空中庭園」が好評だった。
そこで私も遅れじと、若き頃のエッセイ集である本書を読んでみた。
でも、かなりダメだった。
  
エッセイと小説は違うんだろうけど、まだまだ若書きな、「自分の特異さ」
を意識し過ぎた思い出話が多い。
だいたい作家になろうとする人の幼少期なんて、変人が多いことがほとんどよ。
あんただけが変な子供だったわけじゃ無いよ、と言いたい。

普通のその他大勢の子供が、大きくなるにつれドンドン変な大人になって
ゆく方だったら、珍しいけどね。
  
それにしても思うんですが、エッセイ書く人って自分の子供の頃の思い出を
事細かに覚えているもんですな。
覚えているからこそ作家になれるんだろうけど、私なんてホントに覚えていない。
いつもボケェってしてたんだろな、今もだけど。
  
ま、これに懲りずに角田さんの著作はまだまだ読もうと思っている。
特に「空中庭園」。
一番最初にこの本から角田さんに入るのは、失敗なんだと思う。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply