バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

平岩弓枝  『御宿かわせみ8』  の読書感想。

平岩弓枝
  • comment0
  • trackback0
平岩弓枝  『御宿かわせみ8』

平岩弓枝  『御宿かわせみ8』  文春文庫


かわせみシリーズでも最も評価の高い「第8巻」。
これは本書があんまりにも良く出来ているので、
ネットではどう評価されているのかな、と調べたから判った事。
  
このかわせみシリーズ、私は今まで散々批判的に書いてきましたが、
ここへきて一転、一皮剥けた面白さに変わっています。
どうしたんだろう?
  
その大きな要因は、「捕り物」に拘らなくなった事。
今までは、
何気ない江戸の風物をまず書きつつ、事件に関する重要人物のエピソード
が挿入。
東吾(探偵役)とるい(御宿かわせみの女主人・ヒロイン)が出会って、
いちゃいちゃしながら事件のあらましを伝える。
刑事役の畝源三郎(同心)と親友の東吾が捜査を開始。
冒頭のエピソードが重要な鍵で、それを知っていた東吾の名推理が冴える。
  
一件落着。
  
まぁこんな感じでした。
そんなん、東吾がしってたから判っただけやん、と不満な作品が多かった。

ところが、弓枝先生も変わられた。
事件中心から、人情モノといおうか、感動モノといおうか、
世の中は事件ばかりじゃない、といったスタンスに変わってきた。

この世は、何も悪い事をしようと思ってする人ばかりじゃない。
やむにやまれず、誰かを助けるために、泣き泣きながら、
事を起こしてしまうこともあり、事件になってしまうことも多い。
そこらへんを短い短編に上手く収まっているのである。
  
ようやくこの「御宿かわせみ」シリーズが大人気なのか、この第8巻にて
分かった。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply