バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

松本清張  『張込み』  の読書感想。

松本清張
  • comment0
  • trackback0
松本清張  『張込み』

松本清張  『張込み』  新潮文庫


この歳にして、初めての松本清張。
傑作短編集第5集なんですが、なんでこんな中途半端な第5集を選んだかと云うと、
この本に「鬼畜」が選ばれているから。

子供の頃、岩下志麻と緒形拳による本編ドラマを観て、強烈にショックを
受けたんですね。
なんと怖い話なんだ、と思っていたんですが、それが松本清張の作品だと
知ったのは大人になってから。

意外と松本清張の古本は散逸していて、ようやく見つけた次第。
宮部みゆきが清張の大ファンだそうで、清張が新装版や復活版でどんどん
再発売している流れもあって、本書を読んで見ました。

その「鬼畜」の最後のオチは、なぜか忘れてしまっていて、そんな悲惨で
残酷な、でも報いは必ず返ってくるんだな、という結末には感心します。

淡々とした文章で、隙の無い文だけで物語が進んでいくのに、
この不気味さ。
松本清張もじっくりと読んでいきたい一人になってます。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply