バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

文藝春秋編  『青春の一冊』  の読書感想。

文藝春秋編
  • comment0
  • trackback0
文藝春秋編  『青春の一冊』  文春文庫

文藝春秋編  『青春の一冊』  文春文庫


どうも私はこういった読書案内モノを読むのが好きでして、
しかもオムニバス&アンソロジィが佳い。
いろいろな作家が、自分の青春と読書遍歴を語る。
全く意外な読書歴の人もいれば、若いころからそうだったのか、
という人まで色とりどり。

前者は東海林さだおの青春が太宰治だったことだし、
後者は塩野七生が学生時代からイタリアを研究していること。

そんな雑多な青春記の中から、私が「読んで見たい」と思わせられた
4人を紹介しよう。
  
 ○俵万智おすすめ、 清水邦夫「ぼくらは生れ変った木の葉のように」
  
  演劇に打ちこんでいたそうで、これはシナリオというか、脚本のようです。
    
 ○五味川純平おすすめ、 スタンダール「赤と黒」

  薦め方がウマイ。名作で有名であるだけに、私も読みたくなった。
  赤は軍人を、黒は僧侶を顕しているそうで、どちらも当時の貧乏人が唯一
  出世できる職業だったとか。
  
 ○高樹のぶ子おすすめ、 原田康子「サビタの記憶」

  高樹のぶ子は好きなんですが、彼女が堂々と好きな一冊と宣言しづらかった本だという。
  誰にだってあるよね、そういう本が。
  でもそういう本って、やはりいいモノが多い。
  
 ○南木佳士おすすめ、  柏原兵三「徳山道助の帰郷」

  この本で南木さんは作家になったそうで、彼が小説の手本にしているそうだ。
  どれほど凄いんだろう。
  
ちなみに、阿部牧郎がラディゲの「肉体の悪魔」を紹介している。
さもありなん、 と思うのだが、昨日書店で見つけたので買ってしまう。

こういう紹介にはすぐ飛びついてしまうのだった...。



人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply