バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

井沢元彦  『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』  の読書感想。

井沢元彦
  • comment0
  • trackback0
井沢元彦  『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』  角川文庫

井沢元彦  『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』  角川文庫


前々から気になっていた井沢元彦を読む。
もうこの人の著作は5冊買ってあるので、今後も読むと思います。

本書はいわゆる「イフ」もの。
もし、本能寺で信長が助かっていたら。
明智光秀の叛逆にいち早く気づいた寄騎武将は、明智の警戒網を強行突破し、
信長が住まう本能寺へ御注進。
機転と行動の早い信長はスタコラサッサ、大阪へ逃げ落ち、あっさり光秀を返り撃ち。
実にありえそうな「イフ」です。

ここからが井沢氏ならではの独創なんですが、
信長の心の変化に着眼する点に感心した。
それまでの信長は、お坊ちゃん育ちの癇癪玉。
切れすぎる頭の良さは誰もが認めるところですが、人の心の機微が分からない。

光秀が叛逆したのも、彼が耐えに堪えていたココロが読み切れていなかった、
という解釈はもうみなさんもご承知のとおり。

信長は光秀討伐の際、異常なまで光秀の生捕りにこだわります。
生捕りにした光秀を残虐な方法で処刑したいのかなぁ、と読んでいたら、
信長は光秀に「どうして俺に叛逆したのか?」を聞き出します。
うーむ、確かにこういう真理を追究するのは信長らしい行動でしょう。
そして、光秀のココロを知った信長は変るのです。
人のココロを知った信長は、強い強い。
そのあとの快進撃は...少し詰まらなかった。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply