バイトの労働条件

唐沢俊一  『カラサワ堂怪書目録』  の読書感想。

唐沢俊一  『カラサワ堂怪書目録』  知恵の森文庫(光文社)

唐沢俊一  『カラサワ堂怪書目録』  知恵の森文庫(光文社)


兄の唐沢俊一が文を書き、弟の唐沢なをきが画を描く、というカラサワ商会方式。

最近、アキバ系だとかでヲタクの存在感が日に日に向上してると
勘違いしててもいいですか?
著者の唐沢俊一はそんなヲタクの星のような人で、
古書古本のエンタテイメント化に成功している人。
上滑りな軽い雑学ではなく、かなりカルト的な突っ込んだコダワリが好ましい。
弟・なをき氏の味のある絵が、固くなり過ぎずでイイ。

本書も著者が見つけた様々な怪書が開陳されている。

戦後混乱期に氾濫したカストリ雑誌からの面白記事。

昔はやった「UFO」「オカルト」「エログロ」のトンデモ本。

私も子供の頃、激しくキョーフした恐怖漫画家「日野日出志」。

明治時代のグルメ本や、大作家の若き頃の意外本など、
どれもこれもB級ネタならではの面白さがある。

唐沢俊一の文庫本の多くは絶版・廃版・再版といろいろだが、その分、
古本屋で探し出す喜びもある。
取り敢えず、大体分かっている文庫本は収集できたので、
今後じっくり読んでいくと思う。



FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
唐沢俊一知恵の森文庫光文社

Comments 0

Leave a reply