バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

北原亜以子  『東京駅物語』  の読書感想。

北原亜以子  『東京駅物語』  新潮文庫

北原亜以子  『東京駅物語』  新潮文庫


面白かった。
面白いねぇ、グランドホテル形式。

明治・大正・昭和と、東京駅の始まりからドラマは始まる連作短編集。
とはいっても、特定の主人公がいるわけでなく、ちょろっと出てきた人が
何話か後に中心人物として出てくる手合い。

ご想像のとおり、途中戦争が絡んできて、かなり感動してしまう。
有楽町のあたりは大空襲があったそうで、それを知っている読み手は
「ああ、この母子はどうして運命的に有楽町に吸い込まれてゆくんだ」と
ハラハラ・イライラ。

有楽町から先に歩いて帰る少年が吉と出るのか、有
楽町で切符を求める行列に加わる母に凶が出るのか。
どちらにせよ、ふたりとも無事東京駅を発てれば、
新しい人生が待っているだけに、
ラストの非情さは胸を打ちます。

北原亜以子の「亜」は、本当は旧字体。
誤変換が恐くて、「亜」にしてます。
この方は時代小説もいろいろ出してるようなので、
安心して買い込もうと思ってます。
いい、作品、作家です。


人気blogランキングへ ランキングバナー
↑ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback