バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

中嶋繁雄  『明治の事件史』  の読書感想。

中嶋繁雄  『明治の事件史』  青春文庫

中嶋繁雄  『明治の事件史』  青春文庫


わたくし、中島繁雄氏の本を結構読んでると思う。
そういう人って、残念ながらあまりいないと思うので、
我ながらチョッと自慢。
この人は華族関係や明治以降モノに強いんですが、
今回も私の大好きな明治モノ。

暗殺・反乱・陰謀・男と女・超能力・・・話題をさらった明治の驚くべき
42の謎と事件、とある。
だけど最初の方は、「五稜郭」とか「萩の乱」とか、
明治維新ものが好きな人には、いつもの話・・・。

本書は後半が面白い。
明治後期からだ。
相場師「新宿将軍」、黒田画伯の裸体画事件、華厳の滝投身自殺、
殺人鬼・時三郎の犯罪、霊視・千里眼婦人...。

歴史の教科書や、明治を題材にした小説に出てくることは、
どこかで読んでいる。
それだけに明治の社会面、三面記事が面白い。
今も昔も所詮は人間、結構似たようなあやまちを我々は犯している。

青春文庫を取り扱っている書店を探すのが、ひと苦労かもしれない。


++ 本・読書blog ++
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想
Genre: 本・雑誌

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback