バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

川端康成  『雪国』  の読書感想。

川端康成  『雪国』  新潮文庫

川端康成  『雪国』  新潮文庫


ときどき、名作と云われている作品も読みたくなってしまう。
年に数回の発作だが、読んで、大概は「どこが名作なの?」と頭をひねる。
  
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」
と、あまりに有名な書き出しで始まる本書ですが、私のイメージはこうでした。

  一、雪国を舞台にした、美しいラブロマンス。
  一、雪国を舞台とした、厳しい自然の中にも真実を見つけ出そうとする主人公たち。
  一、雪国のような、白い世界を髣髴とさせるピュアな物語。
  
でも、昔の作品って、題名ほどは美しい作品って少ないんだよね。
伊豆の踊り子だって、金持ちのボンボンが踊り子を下の目線でモノ見てるし。
高等遊民っていうヤツ、なんだかクダラナイ嫌なヤツに偉そうに
云々されてる話が多い。(私だって、クダラナイくせに、偉そうに書いてます!)

さて、もうこういった流れだと、私の本書への感想もお解かりでしょう。
なんでだかこれが日本の名作だとされてるんですよねぇ。
いいのか?これが名作で?

ちなみに意外だったのは、クライマックスで火事の場面が出てくること。
真っ白な雪の世界に、真赤な火事。
赤い世界が出てくるとは、なんか意外でした。

ヒロイン駒子が「この子、気がちがうわ。気がちがうわ。」と叫ぶラスト。
ようやく話が面白くなってきたのに...!
でも、ここで終わる。
なんだかなぁ...。


ランキング  にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback