バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

新潮45編集部  『殺戮者は二度わらう』  の読書感想。

新潮45編集部  『殺戮者は二度わらう』  新潮文庫

新潮45編集部  『殺戮者は二度わらう』  新潮文庫


「新潮45」によるノンフィクション・シリーズ第4弾。

このシリーズは面白かった。
現在シリーズは本書の第4弾までしか発行されていないようで、続巻の発売が待ち遠しい。
2003~2004年の記事が中心なので、今も雑誌の企画が続いていれば、
ネタは溜まってきただろう。
本書では9つの事件を集めている。
  
神戸「風俗王」惨殺事件
千葉「キャバクラ嬢」撲殺事件
横浜「恋人一家」惨殺事件
北九州「監禁男女」連続殺人事件
新城「資産家三代目」誘拐殺人事件
神戸「大学院生」リンチ殺人事件
和歌山「メル友」絞殺事件
板橋「精神科医」患者絞殺事件
名古屋「アベック」殺人事件

まったく毎日のように凶悪犯罪が次から次へとワイドショウを賑わしている昨今、
上記の事件名だけではどんな事件だったかピンと来ない読者もおられようが、
読めばきっと「あぁ、あったあった」と思い出されるようなものばかりだ。

簡潔に、それでいて深く掘り下げて事件は追われていくが、興味深いのは
事件関係者の「その後」も追っていくこと。
直接インタビューしたり、地域に住んでいられなくなって街を去ってゆく
犯罪者の家族など、なんとも痛ましく生々しい後日談が付いている。

私はどうしてこういった事件ノンフィクションが好きなんだろう。
野次馬根性が強いだけなのか?
小説には盛り込めない、リアルには何があるのか?


++ 本・読書blog ++
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読んだ本。
Genre: 本・雑誌

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback