バイトの労働条件

南條範夫  『武士道残酷物語』  の読書感想。

南條範夫  『武士道残酷物語』  時代小説文庫

南條範夫  『武士道残酷物語』  時代小説文庫


全世界の南條範夫ファン皆様、お待たせ致しました。
久々の南條本の紹介です。

南條範夫は今回のような「残酷モノ」で一ジャンルを確立し、
人気を不動のものにしました。
著者は残酷な描写が好き、というわけでなく、人間の素には鬼の一面がある、
残酷な一面も人間の一面と言いたいのでしょう。
著者は好奇心旺盛な人で、信長や家康といった主流な小説も手がける一方、
面白い人物はいないか、面白いエピソードはないか、という好奇心を軸に
小説を突き詰めていった人です。

この好奇心は大いに私が共感するところで、私が今も昔も一番遥かかなたに
大好きな作家です。
歴史時代小説というと、司馬遼太郎、藤沢周平、池波正太郎、海音寺潮五郎、
山本周五郎・・・と大所がゴマンと出てきますが、周平や潮五郎には
言い辛いながらも、私は南條範夫が一等好きです。

さて、私の南條ラブコールも終わったところで、本書の説明を致します。

本書は全6編からなる短編集。
「時姫の微笑」「梟首(さらしくび)」
「天守閣の久秀」「憎悪の生涯-大久保石見守長安-」
「名君無用」「被虐の系譜-武士道残酷物語-」

「時姫の微笑」は土佐国長岡郡大津城の城主天竺左衛門太夫が愛した
於禰の連れ子、時姫の復讐譚。
自分は連れ子である身をわきまえて、正室の娘である義姉たちに恭謙に仕えていた。
しかし彼女の心には深く渦巻く思いがあった...。

「梟首(さらしくび)」は出羽上ノ山城が舞台。
三百余名の人間が次々に斬首されてゆくシーンは残酷無比で、かつ、
その後の復讐の度合いも凄まじい。
 
「天守閣の久秀」は題名からもご想像のとおり、松永弾正久秀の最期を描いたもの。
久秀の壊れてゆく心理描写がうまい。

「憎悪の生涯-大久保石見守長安-」
徳川幕府草創期の財政部門の功労者大久保長保ば何ゆえかくも切り捨てられたのか。
これは当時一大スキャンダルであったはずなのに、
かなり暗く表舞台史からは光が届かない。
こういった暗部を掘り下げるのは南條小説の独壇場で、秘史と残酷性を
うまく絡めて小説化されている。

「名君無用」
名君を目指しつつ家臣たちの保守堅守意識に押し潰された水野忠辰(岡崎藩主)
29歳の生涯。
有名な話だが、南條氏の手料理をご堪能頂きたい。

「被虐の系譜-武士道残酷物語-」
これは南條氏お得意の、ルポルタージュ形式の名作。
信州矢崎の小大名堀家に仕えた飯倉家に伝わる日記を軸に、
あまりにも被虐に過ぎる一族の悲伝を追ってゆく。
この表題作はかなり有名で、講談社文庫からも「被虐の系譜」で出ている。


++ 本・読書blog ++
関連記事
スポンサーサイト
南條範夫武士道残酷物語時代小説文庫

Comments 0

Leave a reply