バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

雫井脩介  『虚貌(上下)』  の読書感想。

雫井脩介  『虚貌(上下)』  幻冬社文庫  雫井脩介  『虚貌(上下)』  幻冬社文庫

雫井脩介  『虚貌(上下)』  幻冬社文庫


古典や名作がツマランと斬って捨ててるのに、こういったベストセラーは
手放しで讃える、というのは私の信条に反するのですが、残念ながら面白かった。
いや、これは面白すぎ。

随分前、おすぎがラジオで「虚貌、面白い」と、珍しく映画感想のコーナーなのに
本の話をしていて、妙に気に残ってた。
あれから随分経って、ようやく読んだんだけど、なんだか私はこんなんばっか。

本書は題名「虚貌」が全てを顕わしているように、顔容が重要な要素。
上下二巻、約八百ページもあるけど、恐るるに足らず、
かなり一気に読み終えるでしょう。

逆に、時間が忙しい人、本なんて読んでる場合じゃ無い人、
は読まないこと。
それでなくても少ない時間のほとんどを、この本に奪われてしまいますよ。


** 本・読書blog Ranking **
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback