バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

南條範夫  『第三の陰武者』  の読書感想。

南條範夫  『第三の陰武者』  ちくま文庫

南條範夫  『第三の陰武者』  ちくま文庫


勝手に、南條残酷シリーズ第3弾。
本書は5編からなる短編集。
  
  「第三の陰武者」
  「被虐の系譜」①、②
  「時姫の微笑」①、②
  「未完の藩史」②
  「飛騨の鬼姫」
  
①は時代小説文庫「武士道残酷物語」にも収録。
②は講談者文庫「被虐の系譜」にも収録。
本書オリジナルは表題作「第三の陰武者」と「飛騨の鬼姫」のみ。


 「第三の陰武者」

つくづく飛騨と云うところは陰惨な話が多いのか、これも
戦国初期の飛騨山中が舞台。
ある農家、といっても事が起これば刀も掴む郷士の次男坊がいた。
毎日毎日鍬を握り、鋤を振るい、俺も一旗揚げたいなぁと漠然と夢を持っていた。

そんなところへお城の偉いさんが通りかかる。
立派な侍はこの農家の若者をまじまじと見、驚き、にやりとする。
なんなんだよ、薄気味悪い...。
と思ってたら、しばらく経って、お城からお迎えがやってくる。
相当な契約金と年俸を提示され、あれよあれよと云う間に、
若者はお城の人となる。
そう、この若者はお城の殿様ウリ二つ、陰武者に採用されたのだ。
しかし、陰武者部屋には若者とそっくりな顔がもう二つあった。
彼は第三の陰武者だった...。

ここから先がまた面白い。
例えば、自分が社長だったら。
もしくは、自分が総理大臣だったら。
あれをしてこれもして...ククク...と愉しい想いに浸る。
でも現実は違うんですよね。

実力を伴わないものが、その立場に立つといろいろなことが起こってくる。
実によく出来たお話です。

  
 「飛騨の鬼姫」
    
平家落人の山間に、一人の流れ者の美女が通り過ぎることから物語は始まる。
この美女が後に「飛騨の鬼姫」と恐れられるほど飛騨山中を
引っ掻き回すのだが、その恐ろしい権謀術策と、女の手練手管が語られる。
平家は清盛の舎弟修理太夫経盛の妾腹の子を始祖とした高原郷殿村の城主
江間家を舞台とした骨肉の争いを、この鬼姫一人が焚きつけて行く。
女一人でこうも世界が堕ちて行くのかと、にやにやしてしまう作品。


** 本・読書blog Ranking **
関連記事
スポンサーサイト
Theme: オススメの本の紹介
Genre: 本・雑誌

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback