バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

重松清  『疾走』(上下)  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
重松清  『疾走』(上下)  角川文庫

重松清  『疾走』(上下)  角川文庫


この読書感想を書かなくなって4ヶ月。(※このブログは過去メルマガ発行したモノを載せてます)
その間も地道に本は読んでたんですが、この本は久々に何か
言いたい気にさせてくれました。

角川文庫版のブックカヴァーは非常に鮮烈なデザインで、
それに相応しいくらい劇的なストーリーです。
久々に寝る間も惜しんで本を読みました。

何度も聖書の文句が挿入され、いささか教訓めいてるし、
ここまで裏目に人生が転がっていくのか、と悲惨の連続なのですが、
これだけのものは読んでおくべきでしょう。

大工の父、気の弱い母、優秀で県下一の高校に進む兄、
そして本書の主人公の弟。
ずるくて根っから悪い幼馴染の友人、ひとりで毅然と生きているエリ、
町にやってきた神父、と登場人物はどれも重要な役割をしています。

兄が進学校で落ちこぼれ、精神が崩れ犯罪を重ねていくことで、
どこにでもある家庭が滅茶苦茶になってゆくんですが、
最後の最後まで救いは無い。

まるで天の神からの視線のように物語は語られてゆくのに、
最後まで救いは無い。
これではあんまりだと思うか、これこそ現実を描ききったと思うか。
まっしぐらに読んだ、久々の小説だった。


++ 本・読書blog Rank ++←1ポチ、よろしくお願い致します。(o_ _)o
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply