バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

池波正太郎  『鬼平犯科帳』9  の読書感想。

池波正太郎
  • comment0
  • trackback0
池波正太郎  『鬼平犯科帳』9  文春文庫

池波正太郎  『鬼平犯科帳』9  文春文庫


第9巻はいささか凝った内容が多い。
鬼平が子飼いの料理人から毒を呑まされそうになったり、
部下が怪しい動きをしたり、と今までに無かった展開が繰り広げられる。
捕り物一辺倒でなく、捜査や生活の中で起こりえる危険が語られるのだ。


流石に第9巻ともなれば、怪しいヤツが出て鬼平がフとした事に気付いて、
捜査の中で冒頭のちょっとしたエピソードと結びついてゆく、
なんて手法はマンネリ化してゆく。
それを感じさせる前に、こういった番外編みたいな話も絡ませながら物語に
アクセントを付け読者を飽きさせないのは、やっぱり正太郎ならではの
腕。

相変わらず作品中に出てくる料理が旨そう。
鮎並(あいなめ)の煮物が毒薬話の小道具に使われるが、
アイナメ・・・旨そうな・・・、と思うのは私だけでは無いだろう。
鮎並の味について薀蓄を語るでもないのに、それを旨そうに思わせる
手腕は、彼ならではのものだ。


++ 本・読書blog Rank ++←1ポチ、よろしくお願い致します。(o_ _)o
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply