バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

唐沢俊一  『世界の猟奇ショー』  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
唐沢俊一  『世界の猟奇ショー』  幻冬舎文庫

グロテスクばっかり詰まった漫画本。
ここまでグロい内容だけの文庫本は、これ以上ないだろう。
途中で延々と続くグロ話一辺倒に飽きてきたが、唐沢俊一本は
全冊読破目標なんで、なんとか完読。

雑誌の一コラム的に、十ページ足らずの野次馬根性満喫グロ漫画が
載っている分には、ああ今週号もグロかった、で済むけど、
それを一冊にまとめてしまうのだから、読んでいるとヘンになってくる。

この感想文を読んだあなた方に、多少は興味を持たれる方もいらっしゃるだろう。
調べて見るとアマゾンでも普通に入手可能なようだ。
(07年9月17日現在)
480円だし、漫画だし、唐沢俊一だし買ってみようとする人もいるだろう。
丹念にブックオフで探せば105円で見つかるかもしれない。

しかし、読んで50ページも読めば、私の気持ちもお解かり頂けるでしょう。
一体いつまでこのノリが続くんや、と。
最後まで、です。


++ 本・読書blog Rankin ++←1ポチ、よろしくお願い致します。(o_ _)o
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply