バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

鷺沢萌  「失恋」  の読書感想。

鷺沢萌  「失恋」  新潮文庫

鷺沢萌  「失恋」  新潮文庫


「欲望」「安い涙」「記憶」「遅刻」の4編からなる短篇集212ページ。
  
全体を統一して「失恋」と題しているが、各編は独立した話。
第1編「欲望」が約百ページと最も長いが、一番面白かったのは
ラストの強烈な仕返しが衝撃的な「記憶」。

あっという間に読んでしまえる面白さで、
返す返すも彼女が亡くなったのが残念だ。
第1・2編はかなり泣かせようといった魂胆が透けており、
少し私には駄目だったが、それでも読めることは読める。
第3編「記憶」を読んでしまった今だから、
第1・2編が色あせて見えるのかもしれない。

「記憶」は中盤まで焦れったく、それほど評価する程でもないんじゃないの、
と思うでしょうが、ラストの仕返しは本当に強烈。
ううぇっ、と思うこと間違いなし。
しかし、女性はスカっとするかもしれません。

第4編「遅刻」は、大したことない。


** 本・読書blog Ranking **
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback