バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

立原正秋  「たびびと」  の読書感想。

立原正秋  「たびびと」  文春文庫

立原正秋  「たびびと」  文春文庫


かつて最も好きな作家を「立原正秋」と選んだ選者が、
「立原正秋のベスト1」として挙げたのが、本書。
古本屋で見つけたので、迷わず買っておいたのだが、このたびようやく
読書の運びとなりました。
173ページ。

五十前後の美術系著作家と、子をなしながら早々に離縁された
従順な女との不倫話。
先の無い愛の末路と、泥沼化を避けるべく著作家が選ぶ道と苦しみ。
全編は洗練された日本美学に統一され、要約すれば単なる不倫紀行なのに、
随分高尚に纏め上げたものだと、いつしか感心してしまう。

銀座で見る能「関寺小町」や、京都の「紫野大徳寺」を効果的に
借景として使い、著者の日本美学への憧れと傾倒が連綿と綴られる。
緑色の湿った文体で、この不倫カップルの行き着く果てはどうなるのかが、
ストーリー的には見モノ。

ただし最期はちょっと美しすぎるかな。
実際はどうにもならない泥沼の中、修羅と化した醜い女と男に幻滅して
終わるんだろうけど、立原先生の日本美学は当然淡く美しく散る。
最近は消えつつある作家だろうが、他の代表作も読んでみたいと
思わせられた。


** 本・読書blog Ranking **←ポチしていただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback