バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

帚木蓬生  「閉鎖病棟」  の読書感想。

未分類
  • comment2
  • trackback0
帚木蓬生  「閉鎖病棟」  新潮文庫

帚木蓬生  「閉鎖病棟」  新潮文庫


ショッキングな少女のプロローグが始まったかと思いきや、全く別の違う
年代・時代・環境のエピソードに話は飛ぶ。
何だか良く分からないながらも、ひとつひとつのエピソードは面白く、
短い小話の積み上げかと思いきや、いよいよ本題に入って行く。

様々な感想でも述べられている通り、この後は「閉鎖病棟」の日常が
長く語られ、あれれと感じる。
しかしここを味わって読めば、後半の展開がぐっと深みを増す。

冒頭に出てきた少女が病院に現れ主人公たちと絡みだすと、
いよいよ重い展開に拍車が掛かり、悪役登場でハラハラしてゆく。
患者たちの様々な過去や、現状のリアルな悩み、
切っても切れない家族とのしがらみや確執。
主要人物たちは各々の悩みを抱きつつ、悲劇は起こり、
完全と立ち向かう男とそれを見守る主人公。

このような粗筋でいったいどんな小説なのかよく判らんでしょうが、
最後まで読み終わると凄く心に残る。
後半ほど読む速度が上がってゆくのは、優れた作品ならではの証。

解説でも述べられているが、この複雑な現代社会を、スイスイと
ウマく立ち泳いでいる我々こそ、普通ではないのかもしれない。
何が普通で、何がおかしいのか、深く考えさせられる。
ほとんどの人がそうであって、そうでない事をすれば
オカシイと分けているだけなのか?

守るべきもの、大切なものを大事にする心、自分を犠牲にしても
愛する気持ちを行動にすること。
そんな理想を、現代社会の汚濁に浸りきった私は、果たして
実際の修羅場では行動に移せるだろうか。
行動したい、とは願っているが、少し自信がない。
ブレのない心を持った人々を描いた、考えさせられた作品。


にほんブログ村 本ブログへ  ランキング
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ruru  
初めまして!

この作品を最近読んでいいな、と思っていたので他の方の感想が読みたくて遊びに来ました。"普通”の概念は常に曖昧ですよね。日常生活では忘れがちなことを思い出させてくれるのも本の力だと思います。

私は温かいながらも考えさせられる作品でとても気に入ったのですが、ややスローテンポな導入が苦手な人もいるかもとも感じていました。でも同じように"優れた作品"と評価されていたのでちょっと嬉しくなりました。

また寄らせていただきます。

2008/07/08 (Tue)  | EDIT | REPLY |   
隊員  
こちらこそ、よろしゅう!

「ruruの読書ノート」を拝読させて頂きました。
短文だから読み易くてわかりやすい。いいですね。
自分が読んだばっかりの「さまよう刃」があったり、ミステリや漫画もあったり、読書系統が近くて嬉しいです。
これからもあなたの感想やお薦めは、自分の読書の参考にもしたいので、どしどし感想綴って下さいね。

2008/07/09 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply