バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

吉田秀和  「音楽 展望と批評2」  の読書感想。

クラシック音楽な本
  • comment0
  • trackback0
吉田秀和  「音楽 展望と批評2」  朝日文庫

吉田秀和  「音楽 展望と批評2」  朝日文庫


1974~1977年の音楽評論集。
リアルタイムでショスタコが死んだ時の文章が出てきたりして、
時代を感じるが、クラシック界の諸事情は30年前と差して変わってないようだ。


数多くのクラシック音楽評論家が巷には溢れているが、
最も支持され尊敬されているのが吉田秀和ではないだろうか。
そういったナンバー1は嫌いな私も、彼の気品溢れる中にも確固とした
信念と毒針が隠された文章には感服する。
彼の批評文を読んでいると、いつまでも苦にならず、
その芸術性高い世界で遊ぶが如き。
こういった本が、過去の評論だと云う、ある意味致命的な原因で書棚にて
埃を被ってゆくのは残念だ。

読んでいて気付くことは、彼の演奏会鑑賞でピアノ独奏会が多い事。
私はピアノ独奏をあまり嗜(たしな)まないので、この辺はチトつらい。
この当時では、プロコフィエフやマーラーは出てきても、ニールセンや
パリーがちっとも出て来ないし、東ドイツのケーゲルも出て来ないのは
致し方ないことか。

しかしそれでも、彼の鑑賞範囲は広い。
モーツァルトやシューベルトが基本的には好きそうだが、
ゲンダイ音楽だってどんどんトライしているし、大学生オケや地方オケにも
足を伸ばしている。
流石にほとんどはプロオケ、プロ演奏家だが、私はその逆(アマオケ)で
攻めてゆきたいと思う。
カネ、無いし。


** 本・読書blog Ranking **←ポチしていただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply