バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

高野澄  「「もしも・・・」の日本戦国史」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
高野澄  「「もしも・・・」の日本戦国史」  ベスト新書

高野澄  「「もしも・・・」の日本戦国史」  ベスト新書


胡散臭い「f」もの。
太田道灌が横死しなかったら、で始まり、早雲、種子島、三浦按針、
信玄と謙信、陶晴賢と毛利元就、桶狭間、朝倉義景、山中鹿之介、荒木村重、
本能寺、光秀と秀吉、法華宗、長曾我部元親、摺上原の戦い、千利休、
慶長元年京都大地震、前田まつの人質、秀頼、秀秋の裏切り、となかなか
着眼点は面白くて鋭い。

巷に溢れている「f」ものの中では、採り上げているお題は
結構独自色強い。
問題は、お題からの想像力もかなり独自色。

少し想像が飛躍しすぎると言うか、突拍子も無いと言うか、
著者の歴史知識は妄想がドンドン膨らみ、そりゃちょっとありえないでしょうってなる。
そもそも「f」はお遊びなんだから、妄想行き過ぎの方が笑えるけど、
「f」設定がイケているだけに惜しい。

もう少しお題を絞って、一題ごとの検証を多面的に掘り下げても
十分面白く飽きないのではないか。
それとも著者は「f」妄想が止めどなく、次から次へと想像が膨らみ、
これでも随分峻別した結果なのかも。

かなり歴史を分かっているマニアだけに、著者の想像は
凄過ぎるのかもしれない。
変テコな仮想歴史を楽しみたい人は、必見。


** 本・読書blog Ranking **←ポチしていただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply