バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

遠藤周作  「沈黙」  の読書感想。

遠藤周作
  • comment0
  • trackback0
遠藤周作  「沈黙」  新潮文庫

遠藤周作  「沈黙」  新潮文庫


遠藤周作の代表作。
むかし母が随分熱心にこの本の感想を語っていたのを思い出す。
まだ元気に生きているけど。
島原の乱後の江戸初期、潜入ポルトガル司祭の日本突撃レポ。

隠れキリシタンのため、布教のため、イエスキリストのため、司祭は
キリストを待ち望む人々のために日本にやって来る。
しかしそこで待ちうけるものは、変容し始めたキリスト教、親切に
近づいてきたのに実は密告してしまう信者、そして過酷な拷問と転宗。

現代人の無宗教無神論者から読めば、なんと愚かな物語よ。
しかし当時、熱く情熱を抱いて、はるばるポルトガルから来日した
布教家はきっといただろう。
彼を嗤うことは簡単だが、その先を読み通さなければ本書の真髄は
見えて来ない。
我が母はそれが見えたから、懸命に感想を語っていたのだろう。

しかし私はどうしても自分と置き換えて読み込んでしまい、
違和感だらけの読書となった。
神とは、信仰とは、真理とは、そんなことを真剣に考える人でなければ、
本書の偉大さは分からないのだろう。
私に分かったことは一つだけ。

神は、いない。


** 本・読書blog Ranking **←ポチ応援していただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply