バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

筒井康隆  「家族八景」  の読書感想。

筒井康隆  「家族八景」  新潮文庫

筒井康隆  「家族八景」  新潮文庫


この本についていた帯(おび)には、「累計440万部」ですって。
子供の頃からこの本の優秀さは耳にしていましたし、こんな内容だったら
もっと早く読んでいてもおかしくなかっただろうに、「家族」という
キーワードに生白さを感じていたのか。

しかしこの年になって「家族」こそ修羅の世界だと分かってきましたし、
普通の関係異常に緊密で離れがたく、愛憎こもごもなのもまた、
「家族」なのです。

ご存知の方は440万人以上いらっしゃるのでしょうが、あらすじを少々。

人の心を読める「読心術」が生まれつきある18歳のお手伝い業「火田七瀬」。
彼女は子供の頃から自分の脅威な才能を恐れ、他人に気付かれれば
身の破滅とばかりに、細心の注意で生きてきた。
高校卒業後も定職を避けお手伝いを渡り歩いているのも、一箇所での
人間関係から超能力を気付かれまいとする護身のため。

本書ではまさに「家族」八景での8短篇。
アイデアマン筒井康隆の本領発揮といった、さまざまな家族に七瀬を
お手伝いとして滑り込ませ、人間心理、家族葛藤を描き出している。
月並みな感想で恥ずかしいんですが、これはとても面白い。
未読のヒトには、是非安心して読んで欲しい。

今では「お手伝いさん」なんて芸能人の家か、介護の必要な家しか
ないだろうから、お手伝い業がまかり通っていた執筆当時と違和感は多少あるが、
それ以外は流行り廃りをあまり書き込んでいないので、野暮ったい
風俗事象も出て来ない。

休日のぬるま湯に浸かりながら、一気に読んでしまった。


** 本・読書blog Ranking **←ポチしていただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback