バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

石田衣良  「池袋ウエストゲートパーク」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
石田衣良  「池袋ウエストゲートパーク」  文春文庫

石田衣良  「池袋ウエストゲートパーク」  文春文庫


「池袋ウエストゲートパーク」とは、
東京芸術劇場前の公園のこと。

なんだぁ、あそこなら逆に自分の庭じゃないか、
と思いました。

なんせ東京芸術劇場(通称:芸劇)は過去
五十回くらいは行ってますからね。
読売日本交響楽団のホームベースでもあり、
実によく通ったもんです。
  
乗換駅だったこともあり、池袋はよく探索しました。
西口は芸劇があることもあって、東口より出入りしました。
北西の商店街は実にヤバイ雰囲気がありますが、歌舞伎町ほどではない。
うまい鰻屋や洋食屋があり、飲食もよく行ったし。
そんな懐かしい街を舞台に、若者の事件を描いたのが本作です。

西口の商店街で家業の八百屋を手伝う主人公は、実にイケてるハードボイル。
仲間から信頼あり、決断力あり、肝っ玉あり。
ストリートを闊歩する若者たちの良き調整役といったところ。
この主人公に持ち込まれる事件を解決してゆく、というのがこの小説のパターン。

「お宿かわせみ」と基本は似ている。

ドラマで随分人気があり、気になっていたのに小バカにして読んでなかった。
流行りモノだろうと思ってたが、読んでみると確かに面白い。
続編も読んだっていいと思っている(まだ買ってないけど)。
文体は一文一文が短く、テンポも良く、ストーリーもまあまあ。
少し古くなった時代(アキバが電脳都市だと騒がれ始めている)ですが、
今頃読んでもそうおかしくもない。

コメンテーターとしても活躍する石田衣良は少し格好つけでムカつくけど、
小説はまあままあいいんじゃないの、と思ってしまった一冊でした。


*+* 本・読書blog Ranking *+*
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply