バイトの労働条件

南條範夫  「江戸御用帳」  の読書感想。

南條範夫著  「江戸御用帳」  双葉文庫

南條範夫著  「江戸御用帳」  双葉文庫


南條範夫は私の趣味です。
この一冊が良かったからとか、お薦めしたいからといった訳ではなく。
ただ、南條範夫全作品読破を目指して、紹介しているに過ぎません。
今回は平にご容赦ください。

さて、内容はというと、語るに及びません。
副題「岡っ引き源蔵捕物譚」とあるように、源蔵親分に様々な難事件が
持ち込まれ、最後は解決するというヤッツケ仕事。
南條もこんな仕事もしていたのかと、少し悲しい。

全7編の短篇集で、何がイケないかって言うと、出だしは面白い難事件だし
中盤も混迷を深めるのに、終盤の解決が早すぎ。
バタバタっと解決しちまって、今までの進行速度とあまりに落差が大きい。
ペース配分が変で、各編あと5ページでも余地があれば、
こんな事にならないだろうに。

こんな駄作集でも南條範夫著ってだけで、文庫本にまでなってしまう
寂しさを感じてしまう一冊であった。


にほんブログ村 本ブログへ  ランキング
関連記事
スポンサーサイト
南條範夫江戸双葉文庫

Comments 0

Leave a reply