バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

村上春樹  「ノルウェイの森」  の読書感想。

未分類
  • comment2
  • trackback0
村上春樹著  「ノルウェイの森」  村上春樹著  「ノルウェイの森」

村上春樹著  「ノルウェイの森」  講談社文庫


正直、この歳になって初めて読みます、村上春樹。
むかし図書館で2週間借り、読む事も無く返却した苦い記憶があります、
ノルウェイの森。
出だしの古井戸ばなしで、なぁんか合わね、と思ったのかな。
次章まで読んでたら、憧れの東京の大学生ライフが始まってたのに・・・。

本書も古本屋で見つけて買って、1年くらい経った昨今、
突然思い立って読み始めた。
上下二巻、全六百ページ。
最初は一日五十ページ・ペースで読んでいたのですが、
主人公が東京の学生になったあたりから面白くてならん。
本書は大ベストセラーであり、昔から賛否両論なる村上春樹の
代表作ですが、私は非常に面白く読めた。

精神、死、恋愛、性。
青春はこういったことに関心が高く、みな一度は
考えたり悩んだりするものです。
考えて無さそうな人も多いですが、彼らなりに、
彼らのレベルで悩んでいるはずです。
そう考えると、こういった誰もが通り過ぎた恥部を全面に押し広げ、
多くの若者を中心に興味を惹かせたのは、やはりズルイと
言われる所以でしょうか。

しかし、それを認めた上でも、西洋かぶれ(音楽にしろ、文学にしろ、
酒にしろ)を享受した上でも、この小説は惹き込んでしまう力が大きい。
そもそも学生寮で、焼酎や日本酒でなく、ウィスキーを小瓶で飲む
貧乏学生なんか見たこと無い。

しかし不思議なもので、春樹の別の作品も読んでみたい。
村上春樹に対しては、これといった理由も無くこれまで読んだ事が
無かった作家ですが、これからは少しづつ読んでゆくでしょう。
しかしみんなが精神的に悩んだり、好きになったら早急にセックスに
辿り着き、死は生の延長にあるような世界にはいない。
ここらへんが少し「文学世界」どっぷりで、リアリティとは駆け離れていて、
微妙な感覚のまま読了。
でも、惹き込まれたのは、事実なんだよねぇ。


ランキング←ポチしてもらえると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

りな  

村上春樹は表面的には
性や愛や死をテーマにしていますが
ほんとうに描写したいのは
現代人の孤独
です。
自己愛と他者愛の区別ができていない
現代人の孤独。

私たちが思っている以上に春樹さんの作品は深そうです。。

2009/10/31 (Sat)  | EDIT | REPLY |   
隊員  
お返事遅すぎてすみません

お返事遅くてすみません。
村上春樹は合う合わないっていいますが、実感している次第です。
もう何冊か読んでから判断したいとは思ってます。

2009/12/20 (Sun)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply