バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

神沼遼太郎  「クラシック アホラシー」  の読書感想。

神沼遼太郎著  「クラシック アホラシー」  幻冬舎

神沼遼太郎著  「クラシック アホラシー」  幻冬舎


音楽ライターによる、クラシック本音トーク。
  
クラシックという高貴な垣根を取り払おう、という動きが、
最近はかなり盛んだが、そもそも一体誰が
そんなものに祭り上げてしまったのか。
関西弁でクラシック界に蔓延(はびこ)る様々な
「アホ」を採り上げ、ブッタ斬ってゆく。

かなり私の感性と近く、読み易い平易な文章ということもあり、
一日で読めます。どんな話が書いてあるか、
私が面白いと思った項目を挙げてみましょう。
  
  
  「クラシックなんて誰が演奏しても同じだと信じているアホ」
  
  「演奏家はコンサートで金を稼いでいると信じているアホ」
  
  「開演時間のアホ」
  
  「コンサートへ行かないアホ音大生・アホ教官・アホ演奏家」
  
  「若いくせに遅いテンポで弾かせたがるアホ演奏家」
  
  「死んだ演奏家の話しかしないアホ」
  
  「演奏を聴きながら指揮の真似をするアホ」
  
  
どうです?
ちょっとでも嫌な気分になったあなたは、
この本を読んでみるといいですよ。
私だって思い出しました、若き日々の自分を。
題名ほど手厳しくは無く、それでいて
しっかりと主張が通った話が続きます。
さすが、こういう骨のある本を出すのは、幻冬舎。


ランキング  にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: クラシック
Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback