バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

牟田口義郎  「物語中東の歴史」  の読書感想。

世界の歴史
  • comment0
  • trackback0
牟田口義郎  「物語中東の歴史」  中公新書


牟田口義郎著  「物語中東の歴史」  中公新書


このシリーズは面白いね。
「物語アメリカの歴史」のオモローに感化して、中東をチョイス
してみたんだけど、知らないことばっかりで、自分の無知に恥らうやら、
中東のスケールのでかさに驚くやら、本当に世界の歴史は面白い。
日本史中心に勉強してきた人間に、今さら世界史に
ココロ躍るなんて可笑しいね。

この本を読むと、栄枯必衰・諸行無常の世界観を感じずにはいられない。
どんなに栄えた文明や王朝も、社会の矛盾やいびつな現状を
打破しようとして、全く想像もしない英雄が登場する。
もしくは地続きのアジアならではの、異民族が暴虐無人に襲い掛かって来る。

そこには論理や大儀なんてありはしない。
ただ力と欲望だけが圧倒的な存在を見せつける。

残念なのは、近現代史。
複雑混迷の度を深める中東、政治的にも宗教的にも、
誰が正義で英雄か判じがたくなってくる。
誰もが傷を負い、悲しみを抱えていく。
著者はスエズ運河と云う一つのランドマークを選び、
運河を中心とした歴史を語る事で近代史を語り終えてしまう。
中東の近現代史を語るには、数章のページでは到底
語り尽くせないのかもしれない。

今まであまり知らなかった、中東史。
少しづつ読み、知っていきたい。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ランキング
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply