バイトの労働条件

東直己  「ススキノ、ハーフボイルド」  の読書感想。

東直己  「ススキノ、ハーフボイルド」   双葉文庫

東直己  「ススキノ、ハーフボイルド」   双葉文庫


毎度何を読んでも面白く、大好きな作家の一人である東直己。
しかし、これは駄作。
あづまファンの多くも、きっと違和感や落胆を感じた作品だろう。

ただし本作は著者の他2作品と作品背景がリンクする力作だそう。
ススキノ探偵シリーズ「駆けてきた少女」とは角度を異にしつつ
同事件を追っているそうだし、私立探偵畝原シリーズ「熾火」とも繋がるそうだ。

あづまファンとしては、そう言われちゃぁ本作も読んで損はなかった、と
ホッとするが、それにしてもこの本は詰まらんかった。
ちなみに私は、あづま作品の文庫本は全作収集しているので、
数ヶ月に一冊のペースで読んでいます。
いずれ「熾火」やススキノ探偵シリーズ(現在文庫本で8冊目)も読む予定。

札幌の進学校に通い北大進学を目指す男子高校生が主人公。
こいつがエロ猿で、美人ホステスとねんごろであり、
前半は数々のお色気シーンで鼻白味。

それでいて喧嘩となると度胸が無いばかりか、夜のススキノで
喧嘩沙汰となると高校退学・北大進学パーが頭に浮かぶという気の小ささ。
実にスケコマシ、かつ根性なし。
「ススキノ・ハーフボイルド」と、「ハーフ」を強調してはいるが、
まったくボイルドされていないフニャチンヒヨっ子というわけだ。

読んでいて、いらいらムカムカ。
どうしてこんな愚作を書いたんだろう、東直己ともあろう人が。

ススキノで美人ホステスとねんごろになり、
彼女の金で彼女の店で酒を飲み、
ちゃっかりと隙あらば受験勉強に怠りない。
すっごいヤナ奴だけど格好イイ顔立ちのようで、
カワイイ同級生から助けの相談。

ところが相談内容とかそこから発展する事件が、非現実的。
新学校の女子高生が、ヤクザと出来た挙句、覚醒剤容疑で捕まるのだ。
それなりの理由はあるのだが、実際こんな事件なんて
ちっともありえないし、ハラハラもしない。
更にラストの種明かしが吹っ飛んでゆく。

すべて、下らなさ過ぎ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト
東直己双葉文庫

Comments 0

Leave a reply