バイトの労働条件
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

梨木香歩  「西の魔女が死んだ」  の読書感想。

梨木香歩  「西の魔女が死んだ」   新潮文庫

梨木香歩  「西の魔女が死んだ」   新潮文庫


もっと早くに読んでおけばよかった。
「赤毛のアン」が好きな人なら、この小説世界もきっと好きになれる。

新しいクラスに馴染めなかった少女は、登校拒否を宣言。
それまでのしっかりした態度と成績から、母親もあれこれほじくらず、
祖母のいる田舎へ少女を預ける。
祖母と云うのが英国人で、そのむかし英語教師として来日、
日本人の祖父と結婚、少女の母が産まれ、母は普通の日本人男性と結婚。
ヒロインの少女まいは、クウォーターと云われる状態だ。

クラスでの女子の人間派閥に疲れたまいは、
祖母の暮らす田舎で自信と平穏を取り戻す。

本書の云う「魔女」とは祖母の事で、
祖母に家は代々若干特殊な力を持った家系だった。
魔女と云うには大袈裟かもしれないが、今で言う
サイコキネシスや透視、予知力などが人より強い家系なのだろう。

人より強い力を、自ら律する事で育ててゆく。
何事も自分自身で決断し、それをやり遂げる。
そんな信条を貫くことが魔女になる秘訣だ、と祖母から教わる、まい。

文章から伝わる祖母の愛情や、孫を正しい道へと誘導する仕草が
いじらしくも上手で、こんなおばあさんがいたら素敵だろうな、と思う。
途中、まいと祖母は或る約束をするのだが、ラストでのその約束実現は
鳥肌が立つ。

決してお化けで出てくるとか、超常現象といった鼻白むものでなく、
チャーミングだったおばあちゃんの、まいにだけ伝わる
取って置きの伝言が胸を打つ。

いやぁ、こりゃ、ジーンときました。
2時間もあれば読めてしまうので、是非、ご一読を。
映画も観てみたい。


ランキングです♪ポチ応援してもらえると嬉しいです!!
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想文
Genre: 小説・文学

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback