バイトの労働条件

小池真理子  「墓地を見おろす家」  の読書感想。

小池真理子  「墓地を見おろす家」   角川ホラー文庫

小池真理子  「墓地を見おろす家」   角川ホラー文庫


夏はやっぱりホラーでしょ、と思いたって読んでみた。
都心から20分ばかりの街であり、立派な新築マンション2LDKが、
なんと3500万円。

このクラスの物件なら、今でも倍前後は確かにするでしょう。
ナゼ、半値なのか?

駅から7分ほど歩けばこの新築マンションがあるのですが、
そのマンションを取り囲むように寺、火葬場、そして墓地。
私も半値だったら気にしませんが、朝起きて、カーテンを開けると
燦々とお日様が。

しかし眼下にはびっしりと墓石や卒塔婆が広がっている。
気にしないといっても、どうでしょう。

主人公一家は不倫の末に結ばれたちょっと複雑な一家。
今では可愛い女のコも幼稚園に通い、親子三人は幸せを絵に描いたよう。
しかしこの家庭が産まれるには、前妻の自殺があったからこそ。
前妻が「生きていても何も楽しい事はない」と言う言葉と共に首をつり、
その上に成り立った幸福な家庭、というのが本書の伏線。

前妻の怨霊が出てくるのか?
少しづつ怪奇現象がマンションに現れ、いわゆる地縛霊現象が
次から次へと起こるのですが、最期まで楽しめませんでした。
コワいかなぁ、こんな話、ってな感じ。

前妻を自殺にまで追い込んで掴んだ幸せ一家にとっては、
コワいんでしょうけど。

それを読まされる一読者は、「悪いことしたら、後が大変ねぇ」
てなくらいしか思わないんですけど。

挙句の果てには、弟夫婦の巻き添えが悲惨。
この弟は死んだ義姉に同情していただけに、どうして
地縛霊に捕り殺されなきゃならんのか、説明がつかない。
そもそも霊そのものが、説明つかないんですけど。

私だったら、死んだ前妻そっくりな隣人でも登場させて、
夜な夜な前妻が好きだった歌を歌わせたり、
前妻のアクセサリーなんかを廊下やエレベーター・ホールに
落としとくんだけどな。


ランキングです♪ポチ応援よろしくお願いします!!( ̄ω ̄*)/
関連記事
スポンサーサイト
小池真理子角川ホラー文庫ホラー

Comments 0

Leave a reply