バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

隆慶一郎  「柳生刺客状」  の読書感想。

未分類
  • comment0
  • trackback0
隆慶一郎  「柳生刺客状」   講談社文庫

隆慶一郎  「柳生刺客状」   講談社文庫


「柳生刺客状」「張りの吉原」「狼の目」「銚子湊慕情」「死出の雪」
からなる全5編190ページの短篇集。
うち「銚子湊慕情」は執筆中の死去により遺作となっており、
スケールのでかい話になりそうな予感がするも、
冒頭30ページで筆折れているのが無念。

全編面白く、バラエティに富んだ作品集。
表題作「柳生刺客状」は家康の暗殺と影武者を知った柳生宗矩を中心に、
柳生兵介(柳生石舟斎の孫、新次郎厳勝の子)の苦悩を絡めながら
新鮮なエピソードを盛り込んでいる。
柳生の悪役宗矩だけに絞らず、兵介の純粋な苦悩を絡めた点が新鮮で面白い。

「張りの吉原」は花魁の裏世界を描いた作品。
かなり変わった趣向なのは、大阪新町の太夫を引退した花扇が、
江戸吉原の花魁社会に登場させること。
大阪新町の太夫を絶頂期で落籍された花扇は、旦那の急死後、
新しい好奇心を押さえられず、天下一と謡われる花のお江戸は吉原で、
総角(あげまき)をサポートする番頭新造となる。

天性の場を華やがせる素質を活かして、吉原の太夫をサポートしながら、
吉原を垣間見ようという寸法だ。
しかし、ここで吉原の太夫とボディーガード役である首代の恋が
明るみに出て、吉原の壮絶さが滲み出る。

「狼の目」は、剣術修行からドロップアウトした男の成れの果てを描く。
「死出の雪」は、崇禅寺馬場での敵討ち。

非常にバラエティに富んだ設定、それでいて短くキリリと纏まっている。
これは良い。


ぽち応援よろしくお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply